複音ハーモニカ

複音ハーモニカというものもあり、
この複音ハーモニカは、
別名をトレモロ・ハーモニカとも呼ばれています。



トレモロとは何かと言いますと、
音楽の表現方法のひとつで、
同一の音を小刻みに演奏する技法だと言えます。



複音ハーモニカに至っては、
簡単に言えば同じ音を複音として
2つ同時に吹いて音を出して、
その音色を楽しむという感じです。



これらは日本の音楽に受け入れられやすい事もあり、
日本民謡に対応したモデルのハーモニカも存在しているほどです。



複音ハーモニカは、一つの穴につきリードが1枚で、
正面から見ると小さめの穴が上下2段に並んでおり、
上下の穴を同時に吹いたり吸ったりして音を鳴らします。



また、複音ハーモニカの欠点としては、
半音が出せないといった事があげられます。



これに対しては、2本用意して重ねて使うといった
手法が必要であります。



聞いただけであると難しいように思いますが、
実はハーモニカを練習するには、この複音ハーモニカが
最も音が出しやすいとも言われています。



興味があれば、複音ハーモニカにも挑戦してみましょう。


スポンサード リンク

ハーモニカ初心者の為のサイトです。
このサイトで情報を得てハーモニカ練習に役立ててください。