クロマチック・ハーモニカ

クロマチック・ハーモニカとは、
上下式とスライド式の2種類があります。



上下式のクロマチック・ハーモニカとは、
元々が日本での学校教育用に考案されたもので、
吹き口が上下の2段にわかれているハーモニカです。



鍵盤の白鍵に当たる音階が下段、
黒鍵に当たる音階が上段に配置されていて、
演奏自体は簡単であると言われていますが、

現在の学校教育用には
鍵盤ハーモニカが使われるようになって、
現在では一部で使われるのみとなりました。



現在で一般的に使われているクロマチック・ハーモニカは、
スライド式が主流となっており、
これは吹き口が一列の配列で、
4穴で1オクターブの音が出せるハーモニカです。



12穴で3オクターブのクロマチック・ハーモニカが
主流となっていますが、16穴4オクターブの
モデルも使われてくるようになりました。



また吹き口は一つですが、内部が上下の2段にわかれていて、
吹き口のすぐ後ろにある穴あき板によって片方が覆われています。



これは側面のレバーを押せば、板が横にスライドして、
もう一方の穴が開放されるといった仕組みになっていて、
レバーを放すと板が元に戻ります。



クロマチック・ハーモニカがあれば、
クラシックやジャズなど
どんな曲でも1本で吹く事が出来ます。


スポンサード リンク

ハーモニカ初心者の為のサイトです。
このサイトで情報を得てハーモニカ練習に役立ててください。