ダイアトニック・ハーモニカ

ダイアトニック・ハーモニカは、
もっともハーモニカの原型に近い
楽器だと言われています。



長さは掌におさまる程度の大きさで、
正面から見ると10個の穴が一列に並んでいる為、
10穴とよく表記されています。



主にブルースで使われることでブルースハープとも
呼ばれているのですが、この呼び名自体は
ハーモニカ楽器を作っているホーナー社の商品名であるため、
最近ではテン・ホールズという呼び名が定着してきました。



ダイアトニック・ハーモニカには、
一つの穴の上面と下面に、
互いに逆向きにリードを取りつけており、
吹いたときと吸ったときで違う音が出るように作られています。



音は主要なモデルにはGからF#まで各調が配列されています。



しかし10穴で3オクターブを表現出来るようにするために、
実際の音配列が少し変則的に作られているのも
ダイアトニック・ハーモニカの特徴です。



また少し小さめのポケットモデルや、
12穴や14穴に拡張した大型モデルの
ダイアトニック・ハーモニカも販売されており、
ハーモニカの根強い人気を支えているのです。


スポンサード リンク

ハーモニカ初心者の為のサイトです。
このサイトで情報を得てハーモニカ練習に役立ててください。